PCの基盤などには微量の金が使われていることもあるそうです

金の買取と聞くと、すぐにアクセサリー類、というイメージがあります。

先日、映画を見に行った帰りにみかけたリサイクルショップでは、金の買取はアクセサリー類だけでなく、携帯電話や入れ歯、金ぶちのメガネ、金杯、コインなどもあるそうです。

スマホや携帯電話などのCPUの基盤に純金が使用されているというケースもあるのだそうです。

PCの内部の一部にも金、プラチナ、銀などの貴金属が使われていることもあるのだそうです。

日常生活をみまわしてみると、以外と金を使っているものは多いことがわかります。

友人から、金の純度により刻印されている数字が違ってくる、という話を聞き、思いだしたことがあります。

私は大学生の時に、はじめてピアスをしました。

穴をあけてからある一定期間、私は18Kのシンプルなピアスをずっとつけていました。

金属アレルギーを起こしにくい金属と、金属アレルギーをおこしやすい金属の話を聞いたのです。

金属アレルギーを起こしにくいとされる金属は、金、銀、プラチナ、チタンなどで、逆に金属アレルギーを起こしやすい金属は、ニッケル、コバルト、クロム、銅、亜鉛、なのだそうです。

金の買取価格のお店の前を通りながら、私が最初につけていた金のピアスのことを思い出しました。

洋服などにひっかからないように、丸いかたちのとてもシンプルな金のピアスです。

今ではもう最初に購入した金のピアスは、使わないので、買い取ってもらおうかな、とふと思いました。

コメントは受け付けていません。